常時SSL化へ対応しましたが?


Google Chrome 常時SSL化 (2020年1月)
2018年6月頃からアナウンスされている常時SSL化。
Google Chromeでこのサイトが見れても見れなくても何も影響ありませんが、SSL化と言う事をやって見たくて変更しました。

このサイトはVALUE-DOMAIN+XREAでリーズナブルに公開していますが、外部にSSLサーバー証明書も使用できますがXREAでも低価格な物から無料の物までいろいろな選択肢がありました。 しょぼいサイトですので特にコストをかけるメリットもありませんので無料の物で設定。 
結果的にChromeでは↓の様に南京錠マークが表示されました!

南京錠マークを右クリックすると
【Google Chrome】
証明書が(有効)になってました。
【Microsoft Edge】
サーバーへの接続は暗号化されている旨が表示されました。

ちなみにFireFoxでも同様に南京錠マークが表示されますので、とりあえずこれでSSL化は終了。

※XERAのコンパネ上で無料SSLの設定が出来るはずですが、グレーアウトになって設定できない? と言う事でちょっと検索してみるとポチポチ見つかりました。
下記のサイトを参考にさせて頂き、SSL化のみであれば設定反映の時間も含め30分もあれば十分完了します。
 ・ユーザーの助け合い掲示板「XREAの灯」
   XREAで既存サイトを無料SSL化する方法

面倒なのはhttpで参照する場所とhttpsがディレクトリ上で違うと言う事。
つまり全部移動しなければなりません。 今までならFTPでアップしCGIのパーミッション設定したりとあれこれ手間がかかりましたが今回は!
ホームページV4で作成していましたので、FTPの接続先を変更するだけで完了。
今までのディレクトリの分は放置しても構わないのですが、気持ち悪いのでFTPで削除。
もう少し手間がかかるかと思いましたがあっさりと終了してしまいました。