チコちゃん!のはなしの覚え


チコちゃん! ボーッと生きてんじゃねーよ! (Don't sleep through life!)
●なぜインフルエンザは冬に流行する?
 「太陽の光が少なくなるから」
日光を浴びると体内でビタミンDを生成し抗菌ペプチド(細菌・ウイルスの増殖を抑え免疫力を向上させる)ができるが、冬になり日照時間が短くなると免疫力が低下する。
冬の乾燥により飛沫感染し易く、室内で過ごす事と合わせて流行しやすくなる。

●時代劇の「時代」ってなに?
 新しい時代を切り開くという意味の「時代」
 初期の日本映画は旧劇映画-歌舞伎や講談などの物語、新劇映画-海外作品や現代劇、人気文学などを扱ったもの の2つのジャンルに分かれていた。
新劇映画は新しいカメラワーク、カット割りを取り入れて進化したが、旧劇映画は変わらず古臭いと言われた。  松竹鎌田撮影所 所長の監督 野村芳亭と脚本家 伊藤大輔が旧劇映画革命を起こし新劇映画の役者・手法を取り入れ 新時代劇「清水の次郎長」が完成。
新時代劇 転じて時代劇(社会的。現代的テーマを取り入れた)  

●食べ過ぎると太ると知りながらついごはんが食べたくなっちゃうのはなぜ?
 「人類が火と出会ったから」
 旧石器時代の200万年前両手が使え、火を使えるようになり調理ができる様になった。
 焼くことで甘く美味しく感じるようになり、食べ過ぎるようになった。

●なぜ砂漠はできるの?
 「雨雲がたどりつけないから」
 多くの砂漠は乾燥が原因で砂漠になっている。  砂漠は大きく4種類に分けられる。(亜熱帯砂漠、大陸内部砂漠、雨影砂漠、冷涼海岸砂漠)

●観光地のお土産はなぜペナントだった?
 「タオル屋さんが社運をかけたから」
 脱サラしてタオル屋を始めたが倒産寸前、野球を見に行ったときに思いついた。
 1号は東京タワー、カメラが一般的でなかった時代の旅の思い出としてヒットした。

●なんでマツタケって高いの?
 「プロパンガスが普及したから」
 昔は干し椎茸より安いキノコ、マツタケの生産量は昭和40年(1965年)に1291トン、平成28年(2016年)69トンへ減少、マツタケは枯葉などが多すぎて栄養が多いと競争に負けて繁殖できない→1953年頃からプロパンガスが普及し、簡単に火を使えるようになった(枯葉を消費しない)ため、マツタケが育たなくなった。

●差し入れってなに?
 「閉じ込められている人に持っていくもの」
 差し入れ はもともは隙間に物を入れる事 →明治時代に特定の場所(監獄)に入れる事。
 を転じて 身動きの取れない人に物を渡す事に使われるようになった。

●うどんのコシってなに?
 「網の目」 うどんのコシにはたんぱく質が影響している。
 グルテニン(弾力と反発力)とグリアジン(粘りけ)が食塩水を入れて混ぜる(踏む/こねる・生地を寝かせる)ことによりより強固なグルテンになる。(網の目状グルテン)

●富士山の山頂はなに県?
 頂上はなに県でもない。
 八合目(八合目は火口の底)から上は私有地、気象観測所、登山道を除き富士山本宮浅間大社の境内。 1897年 宮内庁御料局が県境を調査したが山梨県、静岡県の納得
が得られず、1951年両県の知事の話し合いで決めない事とした。

●ボタンを見れば押すものだと思うのはなぜ?
 「ボタンが押せと誘っているから」
 人間は物が持つ特徴を見るだけで、意識することなく動作することができる(アフォーダンス理論)

●なぜラジオ体操には第一と第二がある?
 「第一は子供からお年寄りまで、第二は大人向け」 (対象者が違う)
 第一は簡単に作られ、第二はテンポが速く力強く作られた(国民保険体操として作られた)

●民謡の「ハァ〜」ってなに?
 「時間稼ぎ」
 辛い作業を紛らわせるため作業歌を歌った。 民謡をリズムに合わせ即興で歌詞を作ってたため時間を稼いで歌詞を考えた。
 民謡は、現代のフリースタイルラッパーのようなもの?

●なぜハンカチは正方形?
 「マリー・アントワネットが決めたから」
 18世紀の王妃 マリー・アントワネットがハンカチは全て正方形が良いと言ったから。
 18世紀後半に全てのハンカチを正方形にせよと言う布告がされた。

●水族館のサメはなぜ同じ水槽の魚を食べないの?
 「めんどうくさいから」
 水族館のサメはエサをもらいお腹がいっぱいなため、わざわざ動いている魚を取る必要がない。
 ※サメが小さな魚の水槽に一緒に入れられているのは、小さな魚が群れるため。
  捕食者であるサメがいないと固まって移動しない。

●接着剤はなぜくっつく?
 「濡れるから」
 物同志を接着するには隙間を埋める必要があるため、接着剤(液体)で表面の凹凸を埋める。
 分子同士が10万分の1程度に近づくと電気の力(ファンデルワールス力)により物を接着させる。
 接着剤は液体で隙間を埋め、乾いて固体になる事により接着し続けられる。

●コクってなに?
 「コクとは味ではない」
 コクは味・香り・食感が同時に絡み合った時に生まれる表現。
 最近 コクの正体がアミノ酸の化合物 ”グルタミルバリルグリシン” と言うのが物質的には分かってきた。

●月にうさぎがいるのは何故?
 「うさぎは自分を犠牲にしても人を救おうとする美しい心の持ち主だったから」
 インドの仏典「ジャータカ」の物語がきっかけ。
 帝釈天が自分自身を犠牲にして食べてもらおうとしたウサギに感動し月にウサギの絵を描いた。
 うさぎ=お釈迦様の前世の姿 と言われている。

●がらんとしている「がらん」ってなに?
 「お寺のお堂」  伽藍 → 僧伽藍摩(ソウギャランマを略したもの)
 僧伽藍摩(サンスクリット語のサンガーラーマに漢字を当てはめた。 
 サンガーラーマはお坊さんたちが集まり修行する静かな場所 という意味)

●単一、単二の「単」ってなに?
 「1つで済むという意味」 
 昔は一纏めにして積層電池に対し、1つで済む電池を単位電池と言う。
 戦後電気製品の省エネ化と電池の性能向上で広まった。

●幽霊に足が無いのはなぜ?
 「売れっ子画家が足のない幽霊を描いたから」
 江戸中期の画家 丸山応挙が足のない絵を描いた

●なぜ鳥は卵を温めるのか?
 「体が冷えて気持ちいいから」
 皮膚(抱卵斑)に冷たい卵を触ると気持ちいい(そもそも温めなければならない事を知らない
 ため、子孫繁栄のためにプログラムされたもの)

●鉄が錆びるのはなぜ?
 「錆びたがっているから」 自然界では錆ている(酸化している)状態が通常。
 元々の状態(酸化)に戻ろうとするため。

●地図はなぜ北が上?
 「奇跡の星(北極星)があったから」
 地軸の延長線上に北極星があった(大航海時代に海の上で方向を知るのに便利だった)
 地軸は約2万5800年周期で動いていて、現在は「こぐま座のポラリス」。
 約2000年後には「ケフェウスのエライ」に変わる

●宿帳を書くのはなぜ?
 「感染症の拡大を防ぐため」
 偽名を使用すると拘留(30日未満)または科料(1万円未満)に処される(旅館業法)

●蚊取り線香の渦巻きってなんの形?
 「とぐろを巻いたヘビ」
 蚊取り線香を長い時間使用するためには蚊取り線香そのものを長くする必要がある。
 1本の長い線香では扱いにくい、コンパクトにするため渦巻き状にした。

●なぜ寝ている人に話しかけても起きない?
 「脳が安全な音だと判断しているから」

●国道の数字って何?
 「いろんな理由があるから知っておこう」
 国道には1桁〜3桁の国道が459路線。 明治時代 東京が起点に都道府県庁を繋ぐ国道を
 44路線に番号を付けた。
 第二次世界大戦後 道路の補修と主要道路の整備を実施。 新しい道路整備を実施するに
 あたり番号を振り直し。 1〜12号までは主要の路線、13〜40号までは保管のため整備。
 3桁の国道は2級国道とし1級国道を補完するため整備。
 昭和40年(1965年)以降の国道には北から順に3桁の番号が付けられるようになった。

NHKの情報番組「チコちゃんに叱られる!」 面白いですよね〜。
話のネタにもなるなー と思いながらも楽しんで見ていますが、内容が多岐にわたりついつい忘れてしまいますので憶えのためにメモしたページです。
ちなみにテレビ見ながらザーッと書いていますので間違いがあるかも(抜けている所も多々)
ちょっと前の内容なら 「チコちゃんに叱られる! - NHK」で確認できますし、「NHKオンデマンド」でも配信されています。